失敗を重ねたメタボ親父が最後に成功したセフレ募集の秘訣

失敗を重ねたメタボ親父が最後に成功したセフレ募集の秘訣

男はいくつになっても性欲がなくなるという事はありません。俺ももう47歳になったけど全く性欲が衰えません。特に俺の性欲は異常なのかもしれません。今でも週に二回は妻とセックスをしているし、妻に隠れてエロDVDを見たりもします。そんなに性欲を発散しているのにまだ物足りないんです。出来ることなら毎日セックスがしたいと思っています。

 

妻との夫婦生活は順調です。今でもセックスをしているくらいだから夫婦間に溝ができることはありません。とっても幸せですし妻には何の不満もありません。ただ妻も40歳になってからは体力的に衰えてきたのか、毎日求めると嫌がります。そりゃそうですよね。毎日セックスしていたら疲れますからね。俺たちの年代になると週に二回もセックスをしているだけでかなり多い方だと思います。実際、セックスレスになっている方の方が多いですから。だけど俺はもっとセックスがしたいんです。

 

妻が嫌がるなら、他の女にセフレになってもらうしかありません。妻の事は愛しています。それに可愛い娘もいるから、セフレを作るなんていけないことだとは理解しています。父親である俺が他の女とセフレとしてセックスしているなんて彼女たちが知ったら悲しませることになる。それもわかっています。だけど物足りないんです。死ぬほどセックスがしたいんです。

 

でもセフレの作り方なんて全くわかりませんし、こんなメタボなおやじとセフレになってくれるような女性が果たしているのかどうかもわかりません。かといってセフレの作り方を誰かに聞くこともできません。俺はタクシー運転手をしているので特に出会いとは縁遠い生活をしています。果たしてこんな俺にもできるセフレの作り方があるのでしょうか。あるなら何としてでも成し遂げたいです。

 

メタボ親父でもセフレが本当に作れたサイト
本当にセフレが作れるサイト
失敗を重ねた中年男だから明かせる本物サイト

 

自己紹介
名前:たいぞう(仮名)
性別:男性
年齢:47歳
職業:タクシー運転手

 

40歳の妻と高校生になる娘がいる。妻との夫婦関係には何も問題なく、娘もすくすくと元気に育っているので幸せに暮らしているが、若い女とセックスをしたいという願望が抑えきれずにセフレを探すことにする。妻とももちろんセックスをしているが、やはり若さには勝てない。昔からロリコン気質だった。最近メタボになってきたので決してモテるタイプではない。

失敗を重ねたメタボ親父が最後に成功したセフレ募集の秘訣記事一覧

いい歳こいてセフレが欲しいと思ったのにはわけがあります。もちろん妻とするセックスの回数だけでは物足りないという事もそうですが、一番の理由は妻の体が老いてきたという事です。40歳にもなれば体が老いはじめてくるのは当たり前です。それはちゃんと理解しています。昔みたいな弾けるような肌ではなくなることもちゃんとわかっています。それはそれで熟女の色気が出てきたという事なのかもしれないけど。やっぱり昔のような...

もしも俺があと10歳若かったら、セフレの作り方なんていくらでもあったと思います。37歳だったらまだまだ若い女に声を掛けても相手にしてくれたかもしれないけど、さすがに47歳のおやじの事を性の対象として見てくれる女性がいるのかどうか、まずそこが疑問です。セフレの事を考える前に、自分の見た目をどうにかしないといけないのかもしれません。だけど今さら体を鍛えて若くみえるようにするにしてもそんな時間はないし、...

今からちょうど三か月ほど前の事です。その日も長い勤務を終えて、家に帰る前にいつも立ち寄る立ち飲み屋でビールを飲んでいました。その時携帯に1通のメールが来ました。恥ずかしながら俺の携帯は妻と娘、それから会社からの連絡しか鳴ることはありません。ですのでその時も妻からのメールだと思っていたんです。しかしそのメールはタイトルだけ見ても妻のメールではないとすぐにわかりました。「二十歳になったから色々な人とエ...

然来た1通のメールから急展開し、俺は二十歳の女性と会えることになりました。しかも「セフレになろうよ」なんて言葉をだす軽い感じの女性。これなら何も気兼ねなく思い切りセックスができると思いました。女性と話すのが苦手な俺からすれば、何考えてるのか分からないような軽い感じの女性の方が助かります。無駄な会話はいらないし、変な駆け引き無しにセックスまで持って行けると思たから好都合でした。二十歳といえば俺の娘と...

駅に到着して急いでセフレになるであろう彼女が待つ改札へいちもくさんで駆けていきました。だけど人が大勢いて誰がその子なのか全くわかりません。洋服の色くらい聞いておけばよかった。それらしき女性が見当たらなかったので「改札についたよ。洋服は何色かな?どこにいる?」とメールをしていました。さっきまではすぐに返信があったのに、こういう時に限って中々返事が返ってきません。それらしき女性がいないかとウロチョロし...

妻に今日は遅くなると言ってしまった手前すぐに帰ることができず、ひとり飲み屋で時間をつぶしていました。その時また携帯のメールが鳴りました。もしかしたらさっきのセフレになってくれると言っていた女性かも知れないと思い急いでメールを開きました。しかしメールの差出人はその女性ではありませんでした。メールのタイトルには「今回ご請求額」の文字。本文には「ご利用ありがとうございます。今回ご請求額は三万円」と書かれ...

騙されてしまった翌日、銀行にいき請求された三万円を振り込みました。本当は支払いたくなかったけどこれで話が終わるならと思ってきっちり払いました。正直痛手です。実は俺の一か月の小遣いは三万円です。しかも数日前に妻からもらったばかり。それがもうなくなってしまったんだからどうにもこうにも行きません。妻に内緒で溜めていたほんの少しの貯金を崩すしかありません。それから数日後、俺の休日の時に妻が同窓会に出かけた...

ネット上で信頼できると評判の出会い系サイトに登録するとすぐに女性会員からメールが届きました。登録作業を済ませてからほんの数分後です。ちょっと早すぎないかい?と思ったのですが、登録してすぐにメールが来るくらい女性会員がたくさんいるだと思い、やっぱり評判通りなんだって感心していました。メールをくれたのは37歳の女性でした。正直がっかりです。何度も言いますように、俺は二十歳くらいの若い女とセフレになりた...

余命わずかだから抱いて欲しという女性のために俺は奮起しました。しかも1000万のお礼をもらえるとなれば尚更やる気が出てきます。短い人生の最期を幸せにしてあげようと固く誓いました。するとその女性も心から喜んでくれました。人は使命が生まれると強くなれるものです。普通にセフレになるだけなら37歳では不満だけど、相手が幸せに最後を迎えられるのなら…セフレにでもなんてもなってやる。俺は一日でも早くその女性に...

結論から言います。1000万あげるからセフレになってと言ってきた女性は間違いなくサクラでした。俺は最後の一通のメールで確信しました。「今日会いたい」というタイトルで「んだけど仕事が終わらない」という本文ですよ。これは間違いなくメールを開かせるための書き方ですよね。以前騙されて色々調べたときに、ほとんどの出会い系サイトにはサクラがいると書いてありました。評判がよさそうなサイトだったから、セフレの作り...

ある日いつものように仕事をしていて、都心部の方にタクシーを走らせていました。都心部は渋滞が多くて正直あまり好きではありません。憂鬱になりながらもタクシーを走らせていると、目の前に大きくてド派手なトラックが出現しました。しかも大きな音を出しながら走っているので目立ちます。長年タクシーん運転手をしてきましたが、こんなトラック見たのは初めてです。荷台部分には何やら大きな文字が書かれています。「ハッピーメ...

都心部で見かけたハッピーメールという出会い系サイトのトラック広告。あんなに大々的な広告を出すくらいだから、悪質なサイトなわけがありません。きっと本当に信頼できるサイトだと確信しました。だけど今まで見切り発車しすぎて失敗を繰り返してきているので、ちゃんと下調べだけはしておこうと思いました。今回は絶対に失敗しないでセフレを作りたいから。帰宅してすぐに妻の目を盗んでネットで「ハッピーメール」について調べ...

本当に信頼できそうな二つのサイトは、本人確認があってセキュリティーがしっかりしていることが大きなメリットです。安全面がしっかりしていないと、またサクラに騙されてしまう可能性があるし、ポイント代を搾取されてしまうかもしれません。しかしこの二つのサイトのメリットはそれだけではありませんでした。ネットでの評判はあながち嘘ではなさそうです。セフレの作り方としては一番いい方法というのは確かかもしれません。な...

報告から先にさせてください。こんなメタボなおやじでも信頼のおける出会い系サイトを使ってセフレを作ることができました。相手の女性は21歳のフリーターです。理想通り肌が水をはじくほどピッチピチ。それでいて経験が少ないからなんでもいう事を聞いてくれるんです。それにいっぱい甘えてくれるし、恥ずかしながらもエッチな事を色々してくれます。本人もおじさんとセフレになっていろんな経験ができてうれしいと言ってくれま...

トップへ戻る