駅に到着して急いでセフレになるであろう彼女が待つ改札へいちもくさんで駆けていきました。だけど人が大勢いて誰がその子なのか全くわかりません。洋服の色くらい聞いておけばよかった。それらしき女性が見当たらなかったので「改札についたよ。洋服は何色かな?どこにいる?」とメールをしていました。さっきまではすぐに返信があったのに、こういう時に限って中々返事が返ってきません。それらしき女性がいないかとウロチョロしているとようやく返信がありました。その返信を見て俺は愕然としました。そのメールには「ごめんね。急にお父さんが帰ってこいっていうから帰らなくちゃならなくなった。やっぱり今日は会えない。本当にごめんね」と書いてありました。

 

…?いったい何が起こったのか全く分かりません。今俺は何でここにいるのか。今までのメールは幻だったのか?色んなことが頭の中でぐるぐると回っていました。どのくらいそこに立ち尽くしていたでしょう。我に返った俺はようやく事の次第が理解できました。俺はドタキャンされてしまったんだ。せっかく若いセフレができると思ったのにドタキャン。でもまあ仕方がありません。急な展開だったから舞い上がってしまったけど、突然会う約束をしたんだからドタキャンになってもしょうがない。この時はそう納得していました。でもせめて顔だけでも見せてくれればよかったのに。

 

だけどセフレ希望の若い女性とこうして知り合うことができたんだから、また折を見て連絡をして会ってもらえばいいやと思い、その日は帰ることにしました。この女性に会えればもうセフレの作り方を考える必要もないんだと思うと、ドタキャンされたショックよりも嬉しさの方が勝っていたような気がします。その時そういえば妻には今日は遅くなると言ってしまったことを思い出しました。すぐに帰ったら怪しまれます。近くの飲み屋に寄って時間をつぶしてから帰ることにしました。

 

メタボ親父でもセフレが本当に作れたサイト
本当にセフレが作れるサイト
失敗を重ねた中年男だから明かせる本物サイト