オナニーの見せ合いに発展した女子大生とオフパコ

オナニーの見せ合いに発展した女子大生とオフパコ

 明穂と、LINEを利用した通話オナニーは、知り合った週に3回もしたのです。
ものすごいムラムラ感が激しかったようです。
河津の話していた通り、3回目の通話ではオナニーの見せ合いに!
フル勃起のチンコに興味があったようです。
さらに、見られて感じてしまうM体質でもあったようで、お互いに見せ合いながら興奮を高めると衆目の一致するところでした。
それはもう、激しい興奮の応酬。
怒涛のごとく押し寄せてくる、エロチズム。
それは明穂も同様だったようです。
この見せ合いを境に、リアルな世界での関係を作る約束になったのですから。

 

 あうんの呼吸というやつで、待ち合わせ場所で挨拶だけ。
そのままホテルに向かって歩き出せてしまったのです。
無意味な腹の探り合いもなしで、ホテルに部屋を取れました。
そして、ビデオ通話で見たお互いの体を確認しあうため、脱がし合いました。
自分の股間は、熱り立っていました。
明穂の柔らかな手で、シコシコされる。
猛烈な快楽に、全身が震える状態。
彼女の柔らかな乳房の膨らみを、山と楽しむ。
体中を撫で回す。
M字開脚をさせて、オマンコを鑑賞する。
その匂いを堪能してみる。
アナルの動きが、とてもエロチック。
明穂の下半身を、洗いざらい舐め尽くしてしまったのでした。
そして膣に肉棒を嵌める。
熱く締め付けの良い穴に、チンコが悲鳴を上げそうなほどの快楽だったのです。
自分、一心不乱に肉棒を動かし続けました。
体力のすべてをそこに注ぎ込むようにして。
そして絶頂を迎えていきました。

 

 本物の素人と打てました。
オフパコに成功しました。
援交ではない、タダマンです。
女子大生のオマンコの中で、精液を大噴射させられたのです。
モテたことがない、受けたことがない、受け入れられたことがない自分に、セフレができたのでした。
その日、帰宅してからは、興奮冷めやらず。
夜だって眠りに付けませんでした。
ラブホテルでの事を思い出しては、また勃起して、オナニーをしてしまったのでした。

トップへ戻る