京都のセフレ体験談

京都のセフレ体験談

宇治市在住33歳女性販売員のセフレ体験談

 京都府宇治市住みの独身の私。
結婚してもいい、そんな気持ちの人とお別れになり、深い失意を感じてしまっていました。
アラサーっていう年齢は、ターニングポイントだと思います。
だから、結婚を決めていた人との破局は、かなり堪えてしまっていました。
仕事にも集中できず、帰宅しても気力もなく、抜け殻の穴状態。
次の出会いは、確実にあるともいいきれない。
今後、1人の生活をずっと続けてしまうのか?
不安が湧き上がるばかりでした。

 

 その日は仕事が早く終わり、やることもなかったから、昔アルバイトやっていたBARに言ってみることに。
京都府宇治市内にあるそのBARは、昔と変わらない佇まいで私を迎えてくれました。
「やあ、紗英ちゃん、以前と変わらないね」
マスターが笑顔で出迎えてくれました。
「御無沙汰してます。ちょっとお邪魔します」
「ああ、また来てくれるなんて、とても嬉しいよ」
そこからは、マスターと昔話に話が弾みました。
まだ若い頃、このBARでお仕事頑張っていたんだなと、感慨深いものまで感じたり。
マスターは49歳になっていましたが、雰囲気は変わらず。
「まだまだ、ヤングのつもりだよ(笑)」
相変わらず、楽しいジョークを飛ばしてきました。

 

 BARでのマスターとの会話のおかげで、癒されました。
それからは、時間を見つけてはお店に通うように。
いつだってマスターは、私を温かく迎えてくれるから、失恋した傷も癒えていく感じでした。
まさかですよね。
マスターとセフレ関係なんて。
もちろん考えていなかったんです。
最後のお客になった私と、マスターは関係をお店の中で…。
でも、すごい自然なことだと感じてしまっていました。
失恋の傷を癒やしてくれた方。
とても紳士的だし、親切な人。
安全な人でもあります。
だから手を出されても、少しも嫌な気分がありませんでした。
熱いキッスから、スカートの中に手を入れられ、あの部分を…。
さらにパンツに手を入れられて、刺激をされると、熱い刺激が体を走り抜けていく感覚でした。
私も無我夢中で、マスターの大きくなったオチンコを舐めていました。
お店で挿入されちゃって、もうドキドキ。

 

 その後、定期でセフレになって、ホテルの中で楽しむようになっています。
失恋の傷ですか?、すっかり癒されてしまっています。
しばらくセフレとして関係を続けても、いいかなって思っちゃっているくらいです。

京都のセフレ体験談記事一覧

 京都府京都市で生まれ育った自分は、今まで一度たりとも彼女を作った経験がありません。童貞卒業も、会社の先輩と行った風俗でした。モテないし、近年は全く出会いがありませんでした。こんな自分なんですが、実は現在ではセフレがいます。年下の、魅力たっぷりのムチムチボディの由雪(ゆゆき)ちゃん。エッチ大好きな女の子と、ラブホで肉体関係に励んでいます。 一度も彼女を作った経験がないのに、なぜセフレが作れたのか?...

トップへ戻る