女子高生との援交で逮捕される事態を回避できたのが救い

女子高生との援交で逮捕される事態を回避できたのが救い

 私がセフレ探しに利用した掲示板アプリは、利用価値のないものだと同僚の矢賀部に言われました。
完全無料な場所、また匿名性が高い場所は、伏魔殿となりやすいのだそうです。
安全性が低いため、女の子の利用率は極端に低め。
逆に悪意を持った人物の利用率は、ほぼ100%と言われてしまったのでした。
矢賀部「自分も完全無料のサービス利用があるが、あれは到底利用価値がないものだ。今回出会ってしまった援デリもそうだし、ギフト券詐欺なんかもある。また美人局までいるのだから始末に負えない」
私「そんなに危険だらけなのか?出会いが欲しい女の子は?」
矢賀部「まずいないね。女ってのは警戒心が強いから、危険なサービスを利用することはないからな」
こう言われて、自分の判断ミスを悔いるばかりでした。

 

 さらに、痛烈なことを言われてしまったのです。
それはJKとの関係のこと。
矢賀部「そんな年齢の女の子と関係持って、逮捕されテレビのニュースで流れてしまうって、結構あるの知らないのか?」
この瞬間、戦慄を覚えてしまったのでした。
確かに、ニュース番組でたびたび見る光景。
逮捕され、顔も報道され、その後の人生も崩壊してしまう。
とても危険な年齢の女の子だったので、女子高生との援交で逮捕される事態を回避できたのが救いです。

 

 電子情報世界での出会いというのは、私が想像していた以上に難しいものだったようです。
気軽にセフレ募集してしまうと、危険な世界に足を踏み入れてしまうことになるのが分りました。
風俗業者やギフト券詐欺、美人局などの被害に遭うのはまっぴら御免です。
やはり、単身赴任先で大人の付き合いを探すのは、辞めたほうが良いのではないか?と、諦めの境地になりかけた時のことでした。
矢賀部「セフレが欲しいんなら、穏健な人気の出会い系サイトのアプリが一番いいんだよ」
私「出会い系…サイト?…」
それこそ危険なのではないか?と思ったのです。
なぜなら、出会い系サイトを舞台にした詐欺の話というのは、昨今在り続けるからなのです。
架空請求がやってくる、不当請求される、個人情報を横流しされる, etc.。
矢賀部「ああ、確かにそういう悪質な出会い系の方が多いけどね。本当に少数ではあるんだが、良質の運営をしている出会い系サイトがある。こういうのを使うことで、いま現在生活している地域の女の子を探せる。もちろんセフレにできる!」
彼は揺るぎない自信を持っているのか、きっぱりと言ってくれたのでした。

トップへ戻る