岐阜のセフレ体験談

岐阜のセフレ体験談

大垣市在住28歳男性会社員のセフレ体験談

 転勤で岐阜県大垣市で生活するようになりました。
人間というのは不思議なもので、新しい環境で生活をするようになると、今までとは違ったことをしたくなったりも。
僕は独身の一人暮らし。
彼女はと言えばいません。
だから、遊んでみたいなと思うように。
かといってイケメンでもなく、面白いということもない僕、さらに仕事ばかりの人生だから出会いのチャンスもない。
思い切って出会いのチャンスを増やすため、ナンパでもやってみようか?と思うように。
ナンパをする目的と言えば、当然セフレ。
セックスのみの関係を作りたいなんて思ってしまったのです。
せっかく新しい環境で生活をするようになったのだから、新しい自分も打ち出していきたいという気持ちから、岐阜県大垣市でナンパを敢行することに。

 

 とはいえ、住み慣れていない土地でのナンパ。
どこでどうすればいいのか?
どの辺がナンパスポットになっているのかなと、少しも分りませんでした。
仲良くなった会社の同僚に、さりげなく聞いてみたところ、良い情報もキャッチできました。
「最近だと、アクアウォークかな?大垣駅の北口のそばにあるところ。女の子もわんさかいるから、そこでナンパしているようなやつも見かける」
とても大きな商業施設である、アクアウォークなら確かに、女の子が寄ってくるのだから、暇してそうな子もいるはず。
誘ってお茶して、盛り上げて、ラブホテル直行なんてプランを立てました。

 

 セフレを作るため、大きな商業施設に向かってみました。
さすが、週末の夕方です。
多くの人たちが押し寄せてきていました。
そこらへんを移動しながら、暇してそうな女の子を物色していきました。
1人でポツンと座っている女の子を発見。
勇気を振り絞って声をかけてみました。
すると、お茶ならいいよなんて言ってくれるのです。
見た目も可愛らしいギャル風の女の子。
「年齢は?」
「21」
ピチピチ!喋り方が軽い。
これ、誘い方次第では、本気でセフレにできるかもしれないという期待が湧き上がってきました。
そこそこお喋りにも花が咲いたため、そろそろ良いかな?と思った時でした。
彼女のスマホが鳴り響く。
「分かった、今からそこ行くよ」
と席を立ち上がったのです。
「彼氏が来たから行くね!」
あっさりと自分の前から姿を消してしまったのです。
彼氏と待ち合わせ中だったとは、思ってもいませんでした。
期待感が強かったから、落ち込みが半端じゃない。
これからナンパする気力もなく、その日はさっさと引き上げました。

岐阜のセフレ体験談記事一覧

 私は比較的エッチにはオープンだったりします。フィーリングさえよければ、スポーツ感覚でエッチを楽しんでしまいます。性欲も強く、いつでもオチンチンを求めてしまったりも。1人の人に縛られるよりも、不特定多数の人と楽しむ方が私にはピッタリって感じもしています。仲良くなれば、キスぐらいはしてしまう性格の私。友達から誘われた相席居酒屋も、良い人との出会いがあればなという気持ちがありました。 私も友達も岐阜県...

トップへ戻る