セフレが複数名いるという同僚が勧めるセフレ募集方法

セフレが複数名いるという同僚が勧めるセフレ募集方法

 まさに愚痴を言いたい気分な経験をした後です。
同僚に誘われた飲みの席で、LINEの友達作りの掲示板での出来事を、微に入り細をうがつ話してみました。
憂さを晴らすがこどく、身振り手振りを交え、出会った話を津久居に語り尽くしていきました。
すると彼が言い出したのです。
津久居「それはね、ビギナーがよくやる失敗なんだよ」
思い定めるように語りだしました。
津久居「男ってのは、ホテル代支払う必要があるから、出会いは無料でって考えだからね。ところがこの無料のサービスは基本管理されていない。つまり、野放しの無法地帯だよ。こういった場所に、女の子は寄りつかないんだ」
さもありなんと、彼は語り続けました。
無料で匿名性が高ければ、気軽に悪さができる。
ネズミ講やマルチ商法。
また、18歳未満が、援交目的で利用したりもする。
さらに悪質な風俗業者までいると言われてしまったのです。
津久居「つまり、完全無料のそういったアプリで、セフレ募集は成功しないと言うことだ」
自分の気分は、ますます滅入っていきました。
気軽なセフレの探し方なんて、きっと世の中にはないんだという諦めの境地にも達するほどでした。

 

 ところが、同僚の津久居は、目の前の霧が晴れるような話をはじめてくれたのです。
ただひたすら、目を丸くして彼の話に聴き入ってしまいました。
津久居「俺、最近はセフレ募集に失敗したことがないんだ」
自分「ええっ、それ本当なのか?セフレがいるのか?パコパコやってるのか?オマンコに突っ込んでいるわけか?」
興奮のあまり、矢継ぎ早に彼に問いただしてしまったのです。
津久居「手短に言えば、使うサービスの問題。俺が使っているのは古い暖簾の出会い系サイト。長い間営業活動ができている、こういうサイトはとても安全、さらに女の子も多数。つまり出会いの現実性がとても高いのだ」
セフレが複数名いるという彼の自信たっぷりの表情に、心拍数が上がっていきました。

トップへ戻る