オナ指示を続けていたJDとホテルでの生セックスに成功

オナ指示を続けていたJDとホテルでの生セックスに成功

 まるで僕の性欲をけしかけるような、アヘ声でした。
姫菜(ひいな)との、初回のオナ電は熱く甘いものになりました。
JDと通話でエロい行為を楽しんだとき、ふと思ったんです。
なにもJKにこだわる必要はないと。
姫菜の喘ぎ声も、甘い蜜でした。
僕の興奮を激しく引き立ててくれました。
2人でオナニーをし、そしてそこに快楽という調和が生まれたのですから。
本当に最高でした!
そしてこの関係、一度で終わりませんでした。
姫菜から、再びオナ指示の連絡がやってきたのでした。

 

 同僚の白河から教えともらった方法なのですが、ピシャリとはまった感じです。
彼の言う通り通話する関係を続ける。
ビデオ通話になる瞬間も迎えられました。
声だけではなく、快楽に打ち震える体躯をみたのです。
オナ見をして、さらに彼女への好奇心が強まっていきました。
そして僕自身も、彼女に見せることに。
こうして2人の関係は深く強く構築され、ホテルの中に向かうことになっていきました。

 

 姫菜のプライベートな箇所は、この上なく“おしゃまな作り”でした。
陰毛は恥骨のみ。
割れ目は汁で溢れ光っている。
マン臭も少なくクンニもしやすいため、30分ほど舐め続けたのでした。
クンニで何度も「逝く」を並び立てていました。
フェララブな一面も見せてくれ、脂っこいシャブリっぷりを見せてくれたのでした。
経験の少ない肉壺は、いたって締め付けもよく、僕のチンコを大いに快楽に導いてくれました。
タダマンセフレの誕生。
僕と彼女の間に、肉体関係という絆が、きっちり生まれた瞬間です。

 

 美愛(みあい)は、ワクワクメールで知り合い、通話になりました。
オナ電希望の19歳。
現役女子大生です。
何の支障もなく、通話をスタート。
LINEで料金を気にすることなく、彼女のアヘ声を堪能。
30分以上に渡る、身も心も軽くなるオナニーをした後も、じっくりと会話を楽しめたのでした。

トップへ戻る